なぜフィリピン永住権なのか?

フィリピンの永住権取得をオススメするのは以下の理由からです。

他国の永住権と比べてハードルが低い

永住権を取得できる国はいくつかありますが、取得のしやすさではフィリピンがダントツです。

安価に取得できる

他の国での永住権取得は数千万~億での現金が必要だったり、取得後も現地の銀行に多額の預金を預けることが条件だったりと、一般庶民にはあまり現実的ではありませんがフィリピンでしたら他国に比べ安価に取得が可能です。

取得後の条件が厳しくない

永住権取得後もその国に一定期間滞在したり、移住して生活することが条件となっている国がほとんどです。

フィリピンでしたら年に一度だけ手続きに行けばよいだけなので条件が厳しくありません。

フィリピンはアジアの中でも魅力的

英語を話せる人が多い

フィリピンの公用語はタガログ語と英語です。
アジアの中でも英語をネイティブレベルで話せる人が多く、近年は欧米のコールセンターの一大拠点となっている程です。

日本から近い

フィリピンは日本から飛行機で4時間程の距離なので、行き来がしやすい国と言えるでしょう。
最近ではLCCも就航しているので、安価に行き来ができます。

物価が安い

フィリピンの大卒初任給は20000円程度です。このことからもわかるように物価は日本のおよそ10分の1程度です。

おおらかな国民性

フィリピン人はいつも笑顔が絶えないおおらかで温和な国民性です。
そして、比較的に仕事熱心で勤勉な人が多いです。
親日家も多く日本人には好意的に接してくれます。

過ごしやすい気候

東南アジアは湿度も高く暑いイメージがありますが、フィリピンは他の東南アジア諸国に比べると湿度はそれほど高くないので暑いながらも過ごしやすい気候です。
また、日本のように杉の木がないので、花粉症の人にとってはたいへん暮らしやすい国だと言えるでしょう。

フィリピンの永住権は取得しやすい

以上の理由からフィリピンの永住権は他国に比べると取得しやすいといえるでしょう。

とはいえ、フィリピンの永住権も以前に比べると年々と取得のハードルが高くなっているのも事実です。
加えて、フィリピン情勢にも左右されるので、この状況がいつまで続くかは保障できません。

永住権取得を考えている方はハードルの低い今のうちに検討しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする